ぬいぐるみ・雑貨OEMの「合うアイテムを考える」

11493_302166159919804_1919100626_n.jpg

OEM事業部 皆様のドリームをお届けしたいワカマツです!

様々な仕事の依頼の中で
イベントの物販を企画させて頂く事があるのですが、その中でもその場に合っている商品を考える事がよくあります。

というのも、お客様のニーズを大前提に
その場で必要なものは何か、使い勝手が良いか、その場のイベントで気分が盛り上がれるのもは何か、つい欲しくなってしまうデザインは何か・・・。買う立場になって企画します。

例えば、真冬の野外でイベントがあるとしましたら、
すごく寒いからカイロを使ったアイテムはいいよね!→キャラクター要素を入れやすいカイロポーチとかどうかな?
メインキャラクターのグッズで可愛くて目立つものは何かないかな?→カチューシャやキャラクター帽子はどうだろう?
と考えられるデザインもアイテムもは様々出て来ます。

時や場所によってニーズも異なりますが、
いつもわくわくする様なアイテムを作るように心がけています!

 

(2013.8.9更新)

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨のOEM〜フリーな発想

968799_176530049183430_53924343_a.jpg

こんにちは!

唐突ですが.................
... ぬいぐるみやキャラクターと言えば
代表は昔から、やはり 「熊」 ですよね。

しかしそれゆえ最もリアルとのギャップがある動物
なのではないでしょうか?
たまに動物園などでリアル熊を見ますと
ヴァーチャル熊との落差を改めて感じます。

ただ「赤ちゃん熊」はとてもカワイイ。
というか全ての動物の赤ちゃんはカワイイ。
赤ちゃんに共通するあの頭と体と手足の比率が
カワイイのだとDNAに刷り込まれているのか?

だからぬいぐるみやキャラクターの体の比率は
あんな感じなのか。。。

などと自由にいろいろ考えているうちに
きっと斬新な商品アイデアが出てくるはず..........
と私iは、信じています。

13.7.26更新

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨のOEM 〜生地の色について

8587_485361304872755_234635454_n.jpg
こんにちは! 営業担当のジンボです。

みなさま、ぬいぐるみの生地を想像してくださいませ。

毛足や風合いに様々な違いがあることが、すぐ浮かぶと思います。

まっすぐな毛並み、

くるくると加工された毛足、

しっとりと寝ている毛並み、

立ち上がってふさふさしている毛足・・・

バリエーションが豊富な分、実は色の出し方が難しいことも、

この毛足の違いに由来します。

毛足の長さ、加工の具合によって、陰の出方が変わります。

また、明るさや光を当てる角度によって、色の見え方が変わります 

決まった色を持っているキャラクターたちの

各々の生地の色を合わせていくことは、実はとても難しいのです。

パントーンという色指定のためのチップは紙なので、

これに毛足のある生地色を合わせていくのは、

多くの実績とデザイナーの勘どころで、

イメージの差を埋めていく地道な作業です。

生地のプロがいる、ナカジマのOEMにぜひ一度、お声かけくださ い!

2013.7.18更新

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

心がワクワクする魔法の整理整頓

1000781_309657705835344_1521580162_n.jpg

OEM事業部 毎度、リチャード・ギア似の営業担当 ニシマタです。
 
今回は溜まってしまった、サンプルの整理の仕方について一言!

OEM事業部では、各お得意様へ提案する種として、一般市場で面白い商品を見っけると
写真を撮ったりサンプルを購入して、次の提案に備えたりします。
商談の際にそのサンプルを使って提案がうまくいく場合も有ればダメな場合も有り、ボツになったものは処分したりしますが、他のお得意先に使えるかも知れないとか思うと処分しきれず、サンプルが山の様に溜まって行きます。
そこで我が事業部では、月に1回、整理整頓の日を決めて一斉にいらないものを処分してますが、私の処分方法は、心がときめかないモノは、後で使うと思って取っていたものでも、処分すると決めて整理する様に心掛けました。そうすると驚く程、ときめくモノとそうでないモノものが、はっきり分かれるのが実感出来ました。
サンプルを購入する時はときめいていても、目的を果たしてワクワク・ドキドキしなくなったモノは、どんどん処分して、また、新たにときめくモノを探しに展示会や売り場を見に行く事で、常に自分の周りには新鮮でときめくモノだけがある様にして、毎日の仕事が楽しく出来る環境を作り、お客様へ良い提案が出来る努力を続けています。
お陰さまで、デスクの引き出しの中も写真の様に常に綺麗な状態になりました。

 

2013.7.16更新

 

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

「カワイイ」の力☆

 

1013948_168794019957123_1810642497_n.jpg

こんにちは☆OEM事業部の生地部材アドバイザー・ニシムラです。
...
先日テレビで、びっくりするような実験をやっていました。被験者に何かカワイイものの写真を見せたあと、なにか作業をさせると、見せていない場合に比べて、仕事の効率と集中力がアップするんだそうです!

赤ちゃんや動物も文句無くカワイイけれど、職場の机の上に置いておくことはできません。でも、ぬいぐるみならば!!働く人々すべての机の上に、カワイイぬいぐるみがあって、それが癒しとなるばかりか、能力アップにつながるならば、ちょっとすてき・・・カワイさにこだわる弊社のぬいぐるみOEMならば、きっとお役に立てるはず。ぜひお手伝いさせて下さい☆

写真は私の仕事を見守るゾウです☆

 

2013.7.12更新

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

「再現力」を取り入れた商品開発


morisan2.jpg
企画から納品までお客様のサポーターのモリです。

イメージの絵から具体的なものにするなら、お任せください。
一枚の絵から立体のぬいぐるみにするのは私たちの本業です。

もちろん、ポーチ類やバッグ類の実用的な商品作りも、
私たちの得意分野です。

春にあう商材、 夏にお役に立つアイディア商品、 
秋にぴったりのパーツや色、 冬の暖かグッズ、

私たちは、常にメーカーとして培ってきた経験を生かしながら
日々切磋琢磨し、 常に満足できる商品を
お客様に届けられますよう仲間一同お手伝いいたします。



2013.7.9更新
OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨OEMの「再現力」: 工夫次第で・・・

 

996862_302166383253115_1660536581_n.jpg

こんにちわ!

OEM事業部 皆様のドリームをお届けしたいワカマ  ツです!

アイテムの企画開発をする上で、かわいく!今流行の感じを取り入れる!

ナカジマの強みではありますが、今回は実際にあるキャラクターを忠実に仕上げる「再現力」のお話を・・。

お客様の既に持っている強いイメージのキャラクターをぬいぐるみとして具現化していくにあたって、このキャラクターでこうしてほしい!ココだけは譲れない!という事をお教え頂ければ、制作する際注意してデザインしております。

例えば、「このキャラクターの頭は平らですから丸くならないようにしてください。」など、いろいろなご希望を伺いました。
普段ぬいぐるみには綿を入れますが、曲線をあまり出したくない場合は内部に薄いプラバンのような板を入れたり伸びのない生地を裏貼りして曲線を目立たないようにします。(サイズなど制限はありますが・・・。)

作るものは柔らかい生地で出来たぬいぐるみなので、まるっこくなったりしてしまいますが、工夫次第で、ぬいぐるみでもこんな表現が出来るんだ!と知らなかったぬいぐるみの可能性を発見出来るかもしれません。

2013.7.1 更新

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨OEMの「再現力」: 最も神経を注ぐところ

mr_isono.jpg

こんにちは!

小説、漫画等が映画化されることって
... 多いと思うのですが、
原作とのイメージギャップについて
必ず賛否両論激しく議論されますよね。

私iは、それぞれ別物と思って見てしまう方なので
あまり気にならないのですが
原作に思い入れにある人にとっては
最重要ポイントと思います。

ぬいぐるみ・雑貨OEMの場合も、
キャラクター原画からの再現性は最重要ポイントです。
特に顔の目鼻ってちょっと位置が変わっただけで
印象がガラッと変わってしまいますので、
最も神経を注ぐところです。

最近の例としては、、、
写真は私の撮影したスカイツリーの一部ですが、
この柱の骨組みもよく見ると
結構複雑な形をしています。
こういったものをイメージを変えずに
適度に省略したグッズに再現するのも
難しいところだと思います。..............

 

2013.6.26 更新

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨OEMの「再現力」: ぬいぐるみOEMで重要な「再現力」

mori_san.jpg こんにちは☆OEM事業部の生地部材アドバイザー・ニシムラです

弊社では、どんなキャラクターでも、建物でも、車でも、食べ物でも、形ある物なら何でも、ぬいぐるみとして表現してみせます。型の良さ、ぴったりの素材選び=再現力には自信があります。

食べ物の再現で、今まで思い出に残っているのは鰹節の表現。
どうやったらリアルに表現できるか・・・?悩んだ末に思いついたのはクシュクシュっとギャザーを寄せたオーガンジーリボンでした。ほら、鰹節に見えてきませんか?

これをのせた事で、たこ焼きのぬいぐるみがぐっとリアルになり、おかげさまでお客様にも喜んでいただけました!どんな小さな部分でも、こだわりの再現力で、ご満足いただける商品を提案させていただきます。ご依頼おまちしています☆

 

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

ぬいぐるみ・雑貨OEMの「再現力」: 想像する力

illust.jpg

こんにちは!
お客様熱血サポーター、ヤマダ☆です。
お客様の満足のいく商品が出来上がる様、0から(マイナスからも!)お手伝い致します!

そんなワタシは、これまで様々なキャラクターや物、ジャンルのものをぬいぐるみにするお手伝いをさせて頂きました☆

「えっ?!これをぬいぐるみに?!」という案件も、実は少なくありません。
でも・・・・・♪
まずはそのものを知る事から・・・徹底的に情報収集。
 ↓
平面真正面のイラストしかないものは・・・横から見たら?後ろから見たら?上から見たら?
想像して3面図(ものによっては5面図)の書き起こし。
 ↓
もし立体になったらどんな材質?質感?・・・生地部材の想像と捜索。
 
こうした繰り返しで、だんだんと全体的なフォルムが完成していきます☆

完成した仕様書をお客様に確認して頂き、お客様とワタシ達の想像が一致して
再現性の高い商品が出来上がる・・・1番嬉しい瞬間です☆

入社すぐの時、先輩から教えてもらった事の1つにこんな言葉があります。
「自分が出来上がりイメージを想像出来ないと、サンプルも曖昧な出来上がりになってしまう。」

本当にその通りなんです!!!
想像する力=再現力へ結びつきます。

弊社OEM事業部で、想像を形に・・・!してみませんか?
想像力豊かなメンバーがお待ちしております☆

2013.06.24 更新

OEM生産について詳しくはこちら OEM生産ブログバックナンバーはこちら

tお問い合わせはコチラ